「好きなことをやっていいんだぞ」
前社長である実の父から
そんな風に言われていた
今福社長は、どのような
経緯でTAKEMURAの
社長に就任したのでしょうか。

自社の強み、
これからのビジョンから、
読者への愛のあふれる
メッセージまで。

社長だろうがおかまいなく、
気になるところ、
「ツッコんで」きました!



[ プロフィール ]
代表取締役社長
今福 浩之
学生時代にスキーで全国大会出場、
ゴルフやサーフィンを愛する
「自然系スポーツマン」。
大学卒業後は
アメリカ留学などの
海外経験ののち、
大手設備系企業にて
海外事業を担当。
2010年、弱冠30歳で
TAKEMURAコーポレーションの
代表に就任する。

――
こんにちは。
今日はよろしくお願いいたします。
今福
よろしくお願いいたします!

社長インタビュー

――
社長‥‥ウワサには聞いていましたが、
あの、その‥‥「イケメン」ですね。
今福
いえいえいえ(笑)。
――
いえいえいえいえ(笑)。
今日は採用のインタビューということで、
TAKEMURA独自の考え方や
企業姿勢などをお聞きしたいと思います。
今福
わかりました。そのあたりは、
他の会社にないものがあると自負しています。
父からは、「好きなことをやっていいんだよ」って言われていました。
――
もともとTAKEMURAは、
今福社長のお父さまが経営されていたんですよね?
今福
そうですね。
TAKEMURAは1906年、
ぼくが生まれるずっと前から
100年以上続いている会社でして。
2010年にぼくが
父の今福克昌から継ぐ形で
社長に就任しました。
――
小さいころから
「お前はこの会社の跡継ぎなんだぞ」
と言われていたんですか?
今福
そんな縛りはなかったですよ(笑)
むしろ、「好きなことをやっていいんだよ」
って言われていました。
――
会社を継ごうと思ったきっかけは?
今福
やはり、歴史がある会社なので、
途絶えさせてはいけないし、
それが自分の役割なんだろうなと
考えるようになったからですかね、
それに継ぐといっても
社長の息子だからといって
必ず社長になれるなんて
思ってもいませんでしたね。
――
それが少しずつ変わったということですか?
今福
そう。だんだん、
それを自分の手でやりたい、
今より更に良い会社・業界にしていきたい
という気持ちになってね。
だからこの会社を継いでやっていこう
って強い覚悟が生まれたんです。

社長インタビュー

新卒入社で、いきなり香港に配属。
海外の業界構造が教えてくれたこと。
――
強い覚悟が生まれたきっかけは?
今福
TAKEMURAに入社するまえ、
別の設備系企業で働いていたのですが、
そこでの経験が大きかったですね。
――
詳しく知りたいです。
今福
入社してすぐの配属が、
香港の支社だったんです。
余談ですが、ここでの生活は
地獄のような生活でしたね(笑)
――
地獄、というのは‥‥?
今福
まず、社員寮の家賃が
ものすごく高いんですよね。
当時は月収の半分くらいが家賃でした。
場所も歓楽街のど真ん中で、
日本でいうと歌舞伎町に
住んでいるような感じ。
――
新入社員の収入で、
その半分が家賃‥‥。
生活は苦しいですね。
今福
何をするにもお金がかかる国なんです。
でも新入社員の収入で、
しかも家賃に半分使って、となると、
生活水準をグッと落とさざるを得ない。
言い方は悪いですが‥‥
安くて質の悪い食べ物ばかり食べて、
体調を崩してしまっていました。
――
大変な生活だったんですね。
今福
当時は
「なんでこんなことしなきゃいけないんだ!」
って、そればかり考えていました。
今振り返ってみると、
すごく大事な期間だったのですが。
――
香港での経験から、
どんなことを得たのでしょうか。
今福
海外の建設業界の
業界構造を学べたことが大きかったです。
日本の業界構造とは全くちがいました。
それはやはり香港に行かなければ、
わからないことだったと思うんですよ。

社長インタビュー

――
業界構造、ですか。
今福
たとえば日本だと、
トイレ一台変えるときも
建築会社に電話をしてしまうくらい、
設備会社の認知度が低い。
――
はい。
今福
けれど、海外だとそこが全く違っていて。
ゼネコンさんと設備会社は対等な位置づけ。
お客さまからゼネコンさんと設備会社それぞれに
発注があるわけなんです。
その業界構造の遅れを知ったときに、
「日本は何故違うんだろう」
と疑問を感じまして。
そのときには心から、
TAKEMURAという会社を自分でやっていこう
という気持ちが固まっていました。
――
そういった想いから社長になられて、
どのような方向転換をされたのですか?
今福
設備会社として、
水道などの配管周りや空調に
特化していた事業内容から、
トータルで請けられる会社に
体制を変えていきました。
――
トータルで請けられる、というのは?
今福
それまではうちの事業になかった
電気や建築の領域に進出しました。
それまでは「建築関連もお願いできる?」
ってお客さまからの相談があっても、
できなかったんですよね。
――
はい。
今福
でも、相談があるってことは
ニーズがあるってこと。
そこは断ってはいけないと、
人材の採用やノウハウの強化を行いました。
――
事業領域を拡大したんですね。
今福
そうです。
できる、できない、じゃなくて、
「やるんだ!」って(笑)。

社長インタビュー

――
すごい勢いですね(笑)
今福
そうでしょう(笑)
リノベーションの領域にも、
業界内ではいち早く
力を入れ始めました。
――
社長就任時といえば、
おいくつの時でしょうか?
今福
当時まだ30歳。
業界の常識や慣習はほとんど知りません。
でも、知らないからこそ
変えることができてきたんだと思います。
しがらみにとらわれずに、
本当にお客さまが求めていることだけを
貫こうって、信じていました。
「やったほうがいいこと」を
「あたりまえにやる」会社になろう。
今福
「運動した方が健康にいい」
って誰もが知っていることなのに、
なかなかできないでしょ。
人間の根幹は同じなんじゃないかと思いますよ。
以前使っていたうちの名刺には、
「あたりまえを、あたりまえに。」
というメッセージが入っていたくらいです。

社長インタビュー

――
やることはわかっている。
だから、やろうぜって、
一歩踏み出したということなんですね。
今福
そうですね。
業界を変えていくような動きって、
とくに、昔からある業界だと難しい。
けれど、TAKEMURAのように
100年以上歴史のある会社だけど、
柔軟に考えて動けることを
強みにしていけるはずだと信じていました。
ぼく自身が業界に関しての
知識・経験が乏しかったからこそ、
そこを変える難しさやこわさも知らずに、
思い切り行動できたというのも大きいです。
当時の社員たちは、ぼくが「宇宙語」を話していると思っていたでしょうね。
――
そのような「革命」を起こすことは、
社内メンバーも驚いたのでは?
今福
衝撃どころか社員のみんなは
ぼくが宇宙語をしゃべっている
って思ったんじゃないですかね(笑)
「こいつ何を言っているんだ」
「全然意味がわかんないぞ」って(笑)

社長インタビュー

――
業界構造を「そういうもんだ」と
とらえていたら、
そこを変えるって発想は
全くないでしょうからね。
とくに、昔からいる社員さんは。
今福
そうそう。
――
どのように社員のみなさんと
考え方を共有していったのですか?
今福
とにかく「お客さまのために仕事をする」
という姿勢を伝え続けましたね。
私たちはなんのために
建設事業を行っているのかってことを。
――
「なんのためにこの事業をやっているのか」。
今福
そこが伝わらなければ、
突然、トータルで仕事をし始めて
リノベーションなどの新事業もはじめて‥‥
って、混乱するだけですからね。
――
社員の方を
インタビューさせていただきましたが、
今のみなさんにその考え方は
浸透しているように感じます。
今福
ありがとうございます。
ぼくらのやっていることが、
徐々にではありますが
世の中に波及していることも嬉しいですね。
リノベーションが話題になって、
そういうのが今の時代に必要だって、
業界内の企業も気付きはじめている。
大きな変革につながるんじゃないかと、
やっと成果が見えはじめています。

社長インタビュー

これからもやるべきことはきっと変わる。
変わらないのは、お客さまと時代を見て仕事をしようということだけ。
――
これからのTAKEMURAを、
今福社長はどのようにしていきたいと
考えていますか?
今福
具体的な事業内容は、
いくらでも変わっていくと思います。
でも、ひとつだけ変わらないのは、
お客さまや時代を見て仕事をするということ。
そこのニーズに合わせて
自分たちが変わっていく。
それが業界全体を変えていくことに
つながっているんじゃないかなと思います。
――
たとえば、直近だと、
なにかトピックはありますか?
今福
海外での案件に関する相談を
お客さまからいただくので、
グローバル展開はすごく意識していますね。
――
TAKEMURA、世界進出。
今福
いま、うちでは
業界を変えていくんだという意味で、
「Re:INNOVATE JAPAN!」
というのを掲げているのですが、
将来的には「Re:INNOVATE WORLD!」や
「Re:INNOVATE EARTH!」
に成長していきたいですよ。

社長インタビュー

学生には、愛を伝えたい(笑)
――
そんな未来へ向けて
どのような人に
入社してきてほしいですか?
今福
そうだなぁ。
乾いたスポンジみたいに、
いろんなことを吸収していってくれる人。
そんな素直な人と
いろんなことを一緒にやりたいです。
――
そんなこれからの仲間に向けて、
メッセージをいただけますか?
今福
うーん‥‥困ったなぁ。

社長インタビュー

今福
‥‥「愛」です。
ここではメッセージじゃなくて、
「愛」を伝えたいです(笑)。

社長インタビュー

――
「愛」ですね(笑)!
今福
「愛」です(笑)。
――
今福社長の会社や社員、
そして事業に対する愛は、
十分伝わっていると思います。
その愛を受け取った方が
TAKEMURAを変えていく
一員になってくれると思います。
今日はありがとうございました!
今福
ありがとうございました。

社長インタビュー

募集要項をみてみる 採用に応募してみる
採用ページTOPへ 企業サイトへ
マイナビ2018
- 竹村家からのご招待 -
© TAKEMURA CORPORATION