ITベンチャーとかに憧れてたけど、
古い業界を変えていくほうが
楽しいじゃん、って。

社員インタビュー
[ プロフィール ]
営業部
坂口 大樹
就職活動開始時は、茶髪でロン毛(死語)でノースーツ。
面接で叱られてはひとつずつ改善されたらしく、
「オレは就活の1年間かけて人間になった」と語る。
商品会社の営業職を経験後、2009年竹村コーポレーションに入社。

――
よろしくお願いいたします。
坂口
時間は1時間くらい?
いやー大丈夫かなぁ‥‥。
――
緊張しますか?
坂口
ううん。ぼく、お酒入らないと
長時間話すのキツいんですよね。
――
まだ昼間ですから。
坂口
はい。大丈夫です。続けましょう。

社員インタビュー

――
どうして坂口さんがメモとってるんですか?
坂口
なんか、なに言ったか忘れちゃうかもしれないし。
っていうかぼく、書くの好きなんで。
――
わかりました。よろしくお願いします。

社員インタビュー

この会社なら本当にできちゃうかも、って思ったんですよね。
――
まずは、入社経緯について教えてください。
坂口
単刀直入にいうと、
前職を辞めてプラプラしていたところ、
この会社を勧められました。
――
プラプラ‥‥ですか。
坂口
ええ、それはもうプラップラしてたんですけど。
「そんなことしてるなら来れば?」って。
――
軽いですね(笑)
坂口
きっかけは軽いんですけどね。
社長の話がすごくよかったので、
それが入社の決め手になりました。
――
どんな話をしたんですか?
坂口
建設業界って、古い体質のまま
変わらない業界なんですよね。
仕事そのものに対するイメージも
あまりよくないでしょ。
だから苦労している会社も多いし、
業界全体が伸び悩んでいる感じもある。
そこを変えていきたいんだっていう、
社長のアツい想いに心打たれました。
――
坂口さんも、業界を変えていきたいと
感じていたということですか?
坂口
うーん‥‥。
どちらかというと、逆ですね。
ぼくらってITバブルの勢いを
目の当たりにしている世代なんですよ。
――
はい、はい。ベンチャー企業とか、
起業とかに憧れた世代ですね。
坂口
そうそう。だから古い業界じゃなくて、
最新の技術でスマートに勝っていくほうに
憧れるじゃないですか。
でも、そこと真逆のような世界から、
業界ひっくり返してやろうって人がいるなんてね。
――
そっちのほうがカッコいいと思った?
坂口
「この会社なら本当にできちゃうかも」って
感じたんですよね。若い人も多いし、
当時社長も30歳くらいだったし。
いいじゃん、やってみようって思いました。

社員インタビュー

現場勤務はキツいイメージでしたけど、‥‥やっぱりキツかったっす(笑)
――
入社して最初は、現場勤務だったんですよね?
坂口
そうですね、
官庁やマンション建設の
設備をつくっていく現場。
勤務する前はキツそうだなぁって
悪いイメージばっかりがあったんだけど‥‥。
――
実際はそんなに悪くもなかった‥‥?
坂口
ううん、悪かったです(笑)
――
はい(笑)
坂口
朝は早いし、夜は遅いし‥‥
いや‥‥まてよ?
――
え、どうしました?
坂口
夜遅かったのは、仕事終わってから
夜中まで遊びに行ったり、
飲みに行ったりしていたからですね。
そうか、オレだな。オレが悪いな!
すいません、現場はそんなに
悪くないかもしれないです(笑)
――
自己完結しましたね(笑)。
じゃあ、楽しげな仲間の多い
素敵な現場だったということで(笑)
坂口
そう、それは間違いないですね。
ずっと一緒にいると、
同志みたいになってくるんでね。
仕事して飲みにいって、アツく語って、
「現場こんなふうにしていこうぜ」みたいな。
今こうやって振り返ってみると、
楽しい思い出しかないですね、
――
お話を聞いてると、
坂口さんって本当は真面目ですよね?
坂口
真面目というか……努力家ですね。
――
隠れて努力するタイプですか。
坂口
うん。隠れて努力している僕を、
かわいい女の子がたまたま見て、
「好きになってくれないかなぁ」って
思いながら自主練とかするタイプでした。
――
それは努力じゃなくて
「下心」って言うんですよ。

社員インタビュー

坂口
今でもワンチャン狙ってますからね(笑)
――
ワンチャン‥‥
坂口さん、ご結婚されてますよね?
坂口
‥‥
――
‥‥
坂口
すいません、ここ、カットで!!
――
カットで。(カットするとは言ってません)
営業って、ただものを売る人じゃなくて、
みんなの求めるものや想いを
実現していく人なんですよね。
――
現在は営業職をされていますが、
営業ってどんな仕事だと
坂口さんは思いますか?
坂口
そうですね、
「単なるセールスパーソンじゃなく、
竹村の想いを実現する営業であれ!」
って、僕はいつも部下や後輩に
言ってるんですけど。
――
セールスじゃなくて、営業。
坂口
上司から命じられたものを
言葉たくみに売ってくるだけなのは、
ただの「セールスパーソン」。
そうじゃなくて、
この会社の未来をちゃんと理解して、
お客様の実現したいことも理解して、
そのうえでいろんな部署との調整をして。
みんなの求めるものや想いを
ちゃんと実現できてはじめて、
営業という仕事なんじゃないのかなと。
――
なるほど。
さまざまな関係者の想いを
まとめていくのは大変そうですね。
坂口
大変ですよ。
でも、受注した瞬間は嬉しいですね。
大変なぶん、何千万、何億って
金額が動きますから。
会社中の人に「ねぇ聞いて!聞いて!」
って話したくなります。

社員インタビュー

――
たしかに、大きな仕事を自分で
動かしているやりがいはありそうですね。
建設会社だって思わないで来てみてほしい。
――
ほかの会社に自慢できる、
この会社のいいところってどこですか?
坂口
いい人たちがつくってる会社だなって、
すごく感じるところ。
厳しい人はいるけど、
嫌な人はひとりもいない。
「この雰囲気だから110年も続いている
会社なんだろうな」って、
納得できるというか。
――
ずっと変わらない社風というか。
坂口
そうですね。
事業内容そのものは、時代に合わせて
変化しているんですけどね。
設備事業に軸足を置いていたところから、
今は電気や建築も始めて、
リノベーションとか、トータルに
できるようになっているでしょ。
そうやっていいほうに変わる
チャレンジはおそれないけど、
人や想いみたいなところは
変わらないんだろうなって。
――
そういう会社って、カッコいいですよね。
坂口
ね!中小企業なのに、
規模の大きな仕事してて、
歴史があって、みんないい人で。
カッコいいでしょ。

社員インタビュー

――
そんな会社にこれから迎える仲間は、
どんな人がいいですか?
坂口
「こんな人じゃないとダメ」
っていうのは、特にないですね。
ただひとつ望むなら、
「建設会社でしょ」って思わずに
来てみてほしいってことですかね。
――
はい。
坂口
うちはこれから業界を
変えていく存在になりたいし、
そのためには、建設業らしくないことだって
チャレンジしていくはず。
その中で、やりたいことがあるなら
実現していけるはずだし、
そこに制限をかけるような組織じゃない。
ぼくらを説得すれば、
なんでもできちゃう会社だと思うから、
色んなことをしたいって期待をもって、
挑戦しに来てほしいです。
――
なるほど。魅力がよく伝わりました。
坂口
(すこし照れ笑い)
――
‥‥どうしたんですか?
坂口
いやぁ、お酒も入っていないのに
アツく語っちゃいましたね。
ちょっと気恥ずかしいというか(笑)
――
とんでもないです。
いいお話をありがとうございました!

(ちなみに坂口さんは「座談会」でお酒をのんで登場します!)

募集要項をみてみる 採用に応募してみる
採用ページTOPへ 企業サイトへ
マイナビ2018
- 竹村家からのご招待 -
© TAKEMURA CORPORATION