現場の仕事は大変です。
だからこそ、やる気のある奴は、
絶対に見捨てませんよ。

社員インタビュー
[ プロフィール ]
工事部
細田 勝義
人生の目標は「病気をせずに生きること」(笑)。
「仕事は好きじゃないです」とこっそり打ち明けつつ、
実は後輩想いのアツい一面を持つ1999年中途入社。
施工管理は前職からで、17年続けるベテラン施工管理。

細田
(ソワソワした様子)
――
どうしました?
細田
何の準備もしてないので、心配で‥‥。

社員インタビュー

※編集部註
本来インタビュー予定だった社員が
インフルエンザになってしまい、
急きょ、代理で細田さんにご登場いただきました。

――
大丈夫です。
みなさん本音で答えてもらうインタビューなので。
準備なしで、ぶっちゃけで。
細田
そうですか‥‥では。
よろしくお願いいたします。
――
細田さんは、中途入社ですよね。
細田
そうです。
以前も同じ業界で、
施工管理の仕事をしていました。
――
竹村に転職してきたきっかけは?
細田
‥‥ぶっちゃけでいいんでしたっけ?
――
ぶっちゃけでお願いします。
細田
前の会社が倒産したからです。

社員インタビュー

――
なるほど。ぶっちゃけでしたね。
細田
2年くらいそこで施工管理をしていたので、
全く新しい仕事をするよりは、
身に付けたスキルと経験を
活かしたいと思っていて。
竹村の社員の方に誘われ、転職しました。
――
スキルと経験を活かして、今も工事部で。
細田
そうですね。
1999年の入社なので、
もう17年この仕事をしています。
――
まさにこの道のプロフェッショナルですね。
施工管理の仕事は、
下調べ、段取り、根回し。
――
「施工管理」とは、どんな仕事なのか
具体的に教えていただけますか?
細田
そうですよね。
なんとなくわかるけど、
詳しくは知らない仕事ですよね。
――
「現場にいる人」のイメージです。
細田
現場で職人さんたちと
一緒に工事作業をしているって
イメージを強く持っている学生さん、
結構いるんですよ。
――
違うんですね。
細田
もちろん現場で
職人さんのサポートをしたり、
指示を出したりも行います。
でも、半分近くは、
ミーティングをしていることが多いです。

社員インタビュー

――
知らなかったです。
細田
工事の際に必要な施工図を作成して、
工事内容を確認する。
予算や工期に関してお客様や会社と相談する。
細かいところだと、
「この日は地域のお祭りで通行止めになる」
っていう、下調べや調整も必要です。
――
そこまで気を遣うんですね。
細田
ちょっとした見落としで
工事は遅れてしまいますからね。
下調べ、段取り、根回し。
こういうことが、
施工管理にとっては大事なことなんです。
――
広い視野が必要ですね。
細田
そうですね。
広い視野で、細かいところに気が付く力が、
現場で必要とされる力かもしれません。
責任者として絶対に現場を守る。
うまくいったら、みんなの功績です。
――
細田さんご自身は、
施工管理の仕事の
どんなところに楽しさを感じますか?
細田
‥‥楽しさ、ですか。難しいな。
――
楽しいって感じじゃないですか?
細田
うーん‥‥
仕事、好きじゃないのかも(笑)。
――
ぶっちゃけますね(笑)

社員インタビュー

細田
病気をせず健康に生きることが
目標というか(笑)。
――
でも、好きじゃないのに、
17年ものあいだ、
この仕事を続けているんですよね?
細田
もう17年ですか(笑)。
自分に向いているのかもしれませんね。
そうだ。楽しい気持ちっていうよりは、
使命感のほうが強いかもしれないです。
――
使命感ですか。
細田
自分が現場のトップだったら、
「楽しい」とか「楽しくない」で
仕事なんてできないですよね。
――
その通りですね。
細田
現場がうまくいきました、
利益がちゃんと出ました
ってなったらもちろんOK。
でもそうじゃない場合も、
全て自分が背負うことになるんです。
――
具体的にはどんなことですか?
細田
工期が予定に間に合わなかったり、
引き渡した物件に傷があったりしたら
大問題ですからね。
現場をちゃんと進めることへの
大きな責任があります。
――
すべて現場トップの責任に
なってしまうんですね。

社員インタビュー

細田
現場「責任者」ですから。
そうならないように、
自分が絶対に現場を守らなければ、
という想いは強くあります。
――
逆に、大きく利益が出て、うまくいったら?
細田
そのときは私だけじゃなくて、
現場みんなの功績。
うまくいって自分の部下が会社の人から
褒められているのを見たりなんかすると、
そのときはけっこう嬉しいですよ。
部下たちを育てることも、
現場責任者の仕事です。
――
やっぱり育ててきた部下が
褒められると嬉しいですか。
細田
嬉しい‥‥嬉しいというか、
褒められるくらいに育てるまでが、
私の仕事の責任範囲というか。
――
下をちゃんと育てるまでが、
現場責任者の仕事?
細田
そうです、そうです。
――
部下の育て方に、
「細田流」みたいなのはあるんですか?
細田
特別なことはないですよ(笑)
でも、そうですね。
座学で教えることより、
現場で覚えることを
大事にしていこうとは思ってますね。
――
「カラダで覚えろ!」と。

社員インタビュー

細田
そういうのに、近いかなぁ。
私はまず、新人の子が来たら
現場で職人の方に
くっついているようにって、指示します。
――
施工管理の仕事じゃなくて、
職人の方の仕事ですか?
細田
そうそう。
だって職人の方の仕事がわからないと、
指示を出したり、スケジュールを立てたり、
できないでしょう?
――
そうか。そうですね。
細田
最初はほんとに、
資材の運搬を手伝うようなことからで
いいんですよ。そこでね、
「この仕事は思っていたより人手が必要だ」
「この工程は脚立が必須なんだ」って、
ひとつひとつ覚えていく。
――
現場が大切って、
そういうことなんですね。
細田
そうです。
現場、現場っていうと、
ちょっと古風に思うかもしれないけど、
もっとも大事なところだと思います。
――
細田さんのアツい一面ですね。
細田
いやいやいや(笑)。
見捨てると、私が上司から
怒られちゃうので(笑)

社員インタビュー

――
竹村での働き方の、
アツい面と現実的な面の
両方がよくわかりました(笑)
細田
やる気のある奴が入社してきたら、
ちゃんと面倒見ますよ!
――
よろしくお願いいたしますね。
ありがとうございました!
募集要項をみてみる 採用に応募してみる
採用ページTOPへ 企業サイトへ
マイナビ2018
- 竹村家からのご招待 -
© TAKEMURA CORPORATION