思い入れのある現場は、ぜんぶ。
どの現場も死ぬまで忘れないと思います。

社員インタビュー
[ プロフィール ]
工事部
太田 正紀
前職はテレビ制作のアシスタントディレクター、
靴の販売員、とちょっと異色の2015年中途入社。
「城」と「庭園」と「神社仏閣」をこよなく愛し、
税金を納めるために日々働く‥‥と言いつつ、
後輩への面倒見のよさはしっかりと垣間見える話しぶりです。

――
今日はよろしくお願いいたします。
太田
(額の汗をぬぐいながら落ち着かない様子)

社員インタビュー

――
あ、緊張していますか?
太田
そうなんです。
なにを話したらいいのか‥‥。
――
大丈夫です。
みなさん、自由すぎるくらい
自由にお答えいただいているので。
太田
じゃあ、頑張ってみます。
よろしくお願いいたします。
トントン拍子に出世したら、
先が見えてつまんなくなっちゃったんです。
――
まず初めに、
これまでのご経歴を教えてください。
太田
私は前職も、その前も、
建設業界とは
全く関係ない世界にいたんですよ。
――
どういったお仕事を?
太田
最初は放送業界。
テレビ制作の現場で、
アシスタントディレクターをしていました。

社員インタビュー

――
テレビ制作!
まったく異なる業界ですね。
そもそもどうしてその仕事を?
太田
うーん‥‥なんというか‥‥。
――
あ、言いたくなければ大丈夫ですので。
太田
芸能人と結婚できるんじゃないかと思って‥‥。

社員インタビュー

――
意外と不純な動機でしたね。
太田
いや、本当に(笑)。
でもテレビ業界って、
ものすごく忙しいんですよ。
――
寝るヒマもないって聞きました。
太田
そうそう。
それで体調を
崩しちゃったんですよね。
もともと目的はテレビ制作じゃなくて、
芸能人と結婚することだったので、
体調崩すくらいなら、
もういいかなって気持ちになって‥‥。
――
転職した、と。
太田
はい。
で、次が販売職の仕事。
靴の小売店で、
接客を行っていました。
――
まったく別の職種なんですね。
太田
コミュニケーションの
スキルを磨きたくて。
そうすればモテるかなって‥‥。

社員インタビュー

――
その姿勢は
驚くほど一貫していますね(笑)。
太田
そうかもしれません(笑)。
で、ぼくには接客が向いてたみたいで。
トントン拍子に
社内で出世しちゃったんですよ。
――
はい。
太田
そうしたら、
先が見えちゃった気がして、
つまんなくなった。
――
先が見えた?
太田
マネジメントする立場になって、
ある程度会社全体のことも把握して。
「だいたいわかった」って思うと、
仕事に対するワクワク感が
少なくなっていったんですよね。
――
そんな中、どうして今の業界に?
太田
「職人の世界ってかっこいいなぁ」
という気持ちで興味を持ったのが入口ですね。
追求しても終わりがないようなことを
やってみたいと思っていました。
――
前職では先が見えちゃったから、
逆に追求し続ける仕事がしたくなった。
太田
そういうことです。
でも、今の仕事は職人の仕事じゃなくて、
施工管理なんですけどね。
入ってみるまで
違いもあまりわからずにいました(笑)
自分が関わった現場はどれも、
死ぬまで忘れることがないと思います。
――
様々な仕事を経験してみて、
今の仕事の面白さってどんなところですか?
太田
ええー。
なんだろう。どうでしょうね?
‥‥なぜ働いているんだろう?
――
大きなテーマになってきましたね(笑)。
太田さんにとって、「働く」とは。
太田
働くとは‥‥。
命のある限り、
やらねばならないことじゃないですか。
――
そのこころは?
太田
生きているだけで
お金がかかりますからね。
税金を払うためには働かなくては。
――
期待していた答えとはちょっと違いました。
太田
それくらいでいいんだと思います(笑)。
――
冷静なんですね。
太田さんをアツくさせるものって
なにかあったりするんですか?
太田
‥‥城、ですかね。
城は好きです。ものすごく。

社員インタビュー

――
今、今日いちばんの表情になりました(笑)。
たとえば、どういったところのお城が?
太田
たとえば、富士山って、
美しくて、厳かで、素晴らしいでしょ?
それと同じことを、
姫路城とかにも感じるわけですよ。
近くでみるのもいいけど、
新幹線から見るのもまた最高。
あの美しさはちょっと言い表せないですよねぇ。
――
え、ええ。
太田
庭園なんかも好きです。
昔、恋人と花見をするために
文京区の六義園に行ったのですが、
それから美しさに魅せられてしまって。
以降、さまざまな庭園巡りをしています。
いいですよねぇ。カッコいいですよねぇ。
よくできてんなー、すごいなーって。
――
‥‥。
太田
あとは神社や寺もいいですね。
カッコいいです。
湯島とか根津とかあのあたりの神社は
行き尽しましたよ。
そういうのを見ているときがね、
ぼくはいちばん楽しくて。
――
よくわかりました。
ええと、仕事の話に
戻ってもいいですか?(笑)
太田
大丈夫です。
すみません、つい(笑)

社員インタビュー

――
意外な一面でした(笑)
太田
そうですね、仕事でいえば、
建物が完成したときの喜びはやはり‥‥
ハンパないですね。
――
ハンパないですか。
太田
うん。1つの現場あたり、
施工管理は3,4人なので、
ひとりの裁量権って大きいんですよ。
その中で頑張ってやっていくので、
おわった時はやっぱりうれしい。
――
これまでで
とくに思い入れのある現場って
ありますか?
太田
ぜんぶ!すべて、ですよ!
どの現場も、死ぬまで
忘れることはないと思います。

社員インタビュー

後輩ははじめにあえて放置する。
自分で考えて学んでほしいから。
――
太田さんが現場において
大切にしていることって、なんですか?
太田
今は、後輩の育成に
力を入れています。
――
そうなんですね。
太田
同じ現場に、1年目の子がいるので。
今年TAKEMURAには
4人の新入社員が入ってきたのですが、
みんな工事部の中で
バラバラの現場に配属されているんです。
――
うちの新人の方が優秀だぞ!
って競い合ったり?
太田
まさに、そういうことです。
――
「我が子がいちばんかわいい」
みたいな気持ちはやはりあるんですね。
太田
みんな思っているんじゃないですかね。
月1回の業務報告会でも、
他の現場の新入社員だけが
褒められていると
本気で悔しいですもんね。

社員インタビュー

――
本気で。
太田
そう。
「もっとうちのやつを褒めてやってくれよ!」
って、思います。
――
後輩に指導するときは、
どんなことを意識していますか?
太田
ちょっといじめて、
サッとフォローすることですかね。
――
いじめちゃうんですか。
太田
いじめるというか、
あえて最初は放置してみる。
自分で考えて動いてみることを
学んでほしいと思うんですよ。
――
ああ、そういうことですね。
太田
自分でやってみて、できないときには
ちゃんと僕らがフォローする。
まずは主体的に動くことが、
成長の秘訣なんだと思います。
今の仕事はまだまだ先が見えなくて、
学ばなきゃいけないことだらけなのがいい。
――
太田さんご自身は、
今後どんなことを目指していますか?
太田
後輩や職人の方々に対して、
「もっといい」を追求し続けたいです。
――
どういうことでしょう?
太田
ぼくが前職を辞めたのって、
先が見えちゃったからって言いましたよね。
今の仕事は、まだまだ先が見えなくて、
学ばなきゃいけないことだらけなんです。
――
なるほど。
太田
材料や手法は日々進化するし、
経験を積んだ分だけ、
仕事の質は確実に変わる。

社員インタビュー

――
そうですよね。
太田
だから、今後輩に教えていることや、
職人さんに指示していることでも、
もっともっといいやり方が
あるはずだって思うんです。
その「もっといい」を
さらに追及していきたいと思うんですよね。
自分のわかっている範囲を越えて、
色んな可能性を追い求め続けたいです。
――
やった分だけ、
仕事の質も変わるというか。
太田
そうですね。
そして、後輩や職人の方だけじゃなく、
さらにお客さまのためにも、
という気持ちで仕事をしていきたいと思います。
――
なるほど。
よくわかりました。
太田
よかったです。
ちゃんと語ることができて。
――
お城の話をしているときが、
たぶん、いちばん輝いていました(笑)。
太田
お城はいいですよ(笑)。

社員インタビュー

――
あ、また(笑)!
その素敵な笑顔でこれからも頑張ってください。
ありがとうございました!

社員インタビュー

募集要項をみてみる 採用に応募してみる
採用ページTOPへ 企業サイトへ
マイナビ2018
- 竹村家からのご招待 -
© TAKEMURA CORPORATION