きょうは、寡黙でクールで
ドライなキャラ設定で、
インタビューされたいんです。

社員インタビュー
[ プロフィール ]
設計・積算部
畠山 周一
ドライで斜に構えた語り口の一方で、
自身の仕事観を誰よりもしっかりと持っている。
「寡黙なキャラづくりです」とインタビュー中には言いながらも、
本当はとても真摯に仕事とお客さまのことを考えている
‥‥かもしれない。2002年入社。
ちなみにインタビュー中に「2回」ウソをつきます(笑)。

畠山
ええと‥‥。
どうしてぼくが、
インタビューの対象なんですかね?

社員インタビュー

――
人事の方から、
「ぜひ」とのご推薦でした。
畠山
そんなに語ること、
ないんですけど‥‥。
――
そこをなんとか引き出します(笑)。
よろしくお願いいたします。
畠山
ああ、はい。
よろしくお願いいたします。
就活したくないし、研究続けたくもないし、
「入れる会社」に就職しよう、と。
――
入社したのはいつごろですか?
畠山
2002年かな?
あまり覚えていないけど。
たぶん、2002年です。
――
じゃあ、もう15年目なんですね。
畠山
15年ですか。
自分でいうのもなんですが、長いですね。
――
入社までの経緯を
教えていただきたいのですが。
畠山
入れたからです。
――
「入れたから」?
畠山
大学からの推薦枠があって。
就職活動したくないし、研究したくもないし、
じゃあ入れるところに、って。
――
実にリアルなお話ですね。
畠山
学生なんてそんなものでしょう(笑)。
当時はとくに仕事への
こだわりもなかったので。

社員インタビュー

――
「設計・積算部」とはどのような部署ですか?
畠山
設計・積算部は
大きく設計部門と積算部門に分かれます。
設計は設計図を書くチーム。
ぼくがいるのは、積算のチームです。
――
積算の仕事は、
どんな仕事をするんですか?
畠山
そうか。
「積算」って言葉自体、
あまりなじみのない方のほうが
多いかもしれませんね。
――
そうなんです。
畠山
わかりやすくいうと、
工事の「見積もり」をつくる仕事です。
このくらいのお金がかかります、という。
――
ああ。
畠山
営業部から相談を受けた案件に対し、
必要な期間や資材、
人、などをもとに工数計算する。
金額を積み上げて、どれくらいの金額で
受注するのが適正かを
算出していきます。
――
大変そうな仕事です。
畠山
お客さまは「少しでも安く」って思うでしょ。
でも、安くしすぎてしまうと安全や品質が
保てなくなってしまうかもしれないし、
会社へ利益も生み出せない。
そのあたりの絶妙なバランスを
考えながらやっています。
仕事は自分のためじゃなく、
お客さまのためにするもの。
――
積算の仕事の
いちばんの「やりがい」って何ですか?
畠山
ないかな。
――
世の中の「採用ウェブサイト」の
常識をくつがえしてきましたね(笑)。
仕事をしていて楽しい瞬間とか‥‥。
畠山
ひとりで静かに
仕事をしているときですかね。
――
これまた正直ですね。
畠山
別に仕事も楽しくないし、
社内でも孤立してると思うし‥‥。
――
そ、そうなんですか‥‥。
人事
ウソです。

(同席していた人事の藤松さんが乱入)

――
えっ。

社員インタビュー

人事
ウソですね、それは(笑)。
畠山さん、よく部署の人と話してますし、
なんなら仕事のこと以外でも
積極的に立ち話してる姿を
他の社員よりずっとよく見ます。
――
畠山さん、目撃情報があがってますが。
畠山
ああ、ええと、うんまあ。
そうですね。
――
どっちが本当ですか?
畠山
今日は寡黙でクールで
ドライなキャラ設定で、
インタビューされたいんです。

社員インタビュー

――
わかりました。
ほどほどにお願いします(笑)。
畠山
調整します(笑)。
――
キャラづくりなしでも、
今までの発言は変わらないですか?
畠山
変わらないですね。
――
貫きますね。
畠山
いやいや、本当にそう思っていて。
仕事のやりがいとか、楽しさって、
結局は自分のためでしょ。
そういうのを求めて仕事をしていると、
やりがいが見えなくなっちゃったとき、
楽しくないなって感じたときに、
すぐ辞めちゃうんですよ。
――
たしかに。
それはあるかもしれません。
畠山
でもその、
自分の楽しさのために
仕事をするって姿勢が、
そもそもぼくは間違っていると思うんです。
――
ええ。
畠山
僕らは自分のためだけに
仕事をするんじゃなくて、
ぼくらの仕事を求めてくださっている
お客さまのために仕事をしている。
そのためには手を抜けないし、
買っていただくものとして
恥ずかしくない仕上がりにする責任があるんです。
――
そのとおりです。
畠山
だから大変なのがあたりまえで、
頑張るのはあたりまえ、というか。
やりがいとか楽しさとか、
そういうのがないと
頑張れないようなことって、
「仕事」じゃないでしょって、
ぼくは思いますね。
――
なるほど。
畠山さんなりの真剣な
「仕事論」をありがとうございます。
畠山
こういうアツいこと言うと、
最近の学生は
「説教クサい〜」とか言って嫌うでしょ。
だからあんまり
しゃべりたくなかったんですよ(笑)。

社員インタビュー

――
そんなことありませんよ(笑)。
すごく勉強になる話のはずです。
よく言われることではありますが、
自分の仕事が地図に残るってやっぱりいい。
――
そんな大変な中で、
やっててよかったなぁ、
と感じるときってありますか?
畠山
ないです。

社員インタビュー

――
おっと。
畠山
仕事どころかプライベートでも
頑張ってよかったことなんてないですよ。
最近は家庭でも邪魔者扱いされているし‥‥。
人事
ウソです。
――
人事のご登場、本日2回目‥‥!
人事
畠山さん、毎日、
愛妻弁当を持ってきてます。
絶対、全力で愛されてます。
――
畠山さん、話がややこしくなってきました。
畠山
キャラづくりです(笑)。
――
できれば控えめにお願いします。
畠山
わかりました。続けましょう。
「よかったな」というか、
自分の見積もり次第で
何億円という金額が動いていくのは、
自分でもすごいことだなと感じます。
――
そうですよね。
畠山
大きな案件なら10億単位。
会社の利益を
自分が担っているというのは
「ちゃんとやらなきゃ」
という意持ちになりますね。
――
何十億って見積もりをつくるのは、
想像もつかない世界ですね。
畠山
そうかもしれませんね。
あとは月並みかもしれませんが、
自分の関わった建造物が
日本の地図に残るわけですよ。
そういうのは、
自分の普段の仕事を
実感する瞬間かもしれませんね。
――
カタチに残るっていうのは、
いいですよね。
畠山
自分のこどもたちに、
「あのビル、パパがつくったんだぞ」
みたいなね。
――
そういうの、
やっぱりお子さんに言うんですか?
畠山
まだ言ったことありません。
照れくさいので(笑)。

社員インタビュー

仕事に関しては面倒見るし、教えます。
でも、お客さまを想う気持ちだけは、
本人次第でどうしようもないですから。
――
これからTAKEMURAに迎える人は、
どんな人がいいと思いますか?
畠山
どんな人でもいいです。
最初から求められることって、
そんなに多くないですよ。
――
最低限求められるのは、
どんなことでしょうか?
畠山
先ほど言ったように、
楽しいとか好きだからってことだけじゃなく、
仕事なんだからちゃんとやろうって
意識を持ってくれることだけは
大切かなと思います。
――
逆に、それ以外はいらない?
畠山
いらないかもしれません。
仕事については、はじめはできなくても、
我々がちゃんと面倒見るし、教えます。
ただ、お客さまのためにしっかりやろう、
頑張ろうって気持ちだけは、
自分で持ってこなきゃ
どうしようもないので。
そこは忘れないでほしいです。
――
「自分のために」だけじゃなく、
お客さまのためにって、
結構忘れがちな視点ですもんね。
畠山
でも、もっとも大切な視点だと思います。

社員インタビュー

――
そのとおりです。
「自分のやりたいこと」ばかりに目がいき、
「社会や相手に求められていることはなにか」
ということが抜けているかもしれない学生に、
この記事の場を通して伝わればと思います。
ありがとうございました。
畠山
ありがとうございました。

社員インタビュー

募集要項をみてみる 採用に応募してみる
採用ページTOPへ 企業サイトへ
マイナビ2018
- 竹村家からのご招待 -
© TAKEMURA CORPORATION